荻窪北口界隈


 井伏鱒二旧宅前

 荻窪駅北口から青梅街道を渡り、北に向って日大通りを過ぎ、清水町に出ると緑に包まれた角地に紅殻格子の門戸(清水町1丁目17)が見えてくる。高校の教科書でもよく知られた「山椒魚は悲しんだ……」ではじまる「山椒魚」の著者、井伏井伏鱒二旧居附近鱒二(1898-1993)杉並区立文学館で紹介≫が終生住んだところ。昭和2年、一面麦畑だったこの地に家を建て、平成5年95才で沒するまで、人間を愛しユーモアあふれる作品を書きつづけた。「屋根の上のサワン」「黒い雨」「荻窪風土記」などは昭和文学の代表作と言われている。「斜陽」や「桜桃」「人間失格」で知られる太宰治(1909-1948)はこの井伏宅で結婚式を挙げた。愛弟子の小沼丹(1918〜1996)≪久我山界隈その2で紹介≫の随筆「清水町の先生」の中で「当時の井伏さんのお宅の所番地は杉並区清水町24番地であった。井伏さんのことを清水町の先生、清水町先生と云ったりするが、それは町名に由来する」と書いて井伏鱒二との交遊ぶりを描いているが、それには将棋をはじめると勝つまでもう一番と止めない井伏に閉口したエピソードが記されている。小沼丹は三鷹市に住んでいたが、終生、敬愛する井伏に付き添って文学活動をつづけた。

天沼協会          天沼キリスト教会

 日大通りに戻って阿佐ヶ谷方向へ歩き、バス停「若杉小前」先の、衛生病院案内標識のある十字路を右に曲がって進むと、左手に白い教会の建物がみえてくる。大正時代からの天沼キリスト教会(天沼3丁目17)で、学生だった井伏は親友の青木南八と訪れた。青木はまもなく病死し、井伏は友を追憶して短編「鯉」を書いた。当時、周囲をカラタチの生垣で取り囲まれていた教会は改築され一新したが、シンボルの十字架は大正昭和平成と激動の流れを見守ってきた。平成5年に亡くなった井伏はこの教会で密葬された。生前、親しかった編集者、川島勝「井伏鱒二−サヨナラだけが人生」によると、葬儀が天沼教会でおこなわれたのは、手術の予後で入院していた夫人の心情をおもんばかってのことであり、出棺のときに同じ敷地内の衛生病院4階に入院中の夫人は、看護の人に支えられて見送ったという。*表示の天沼教会の写真は、平成16年撮影のもの。平成17年5月に、手前駐車場のところに、東京衛生病院付属教会通りクリニックが開設され、この風景は見られなくなった。

天沼八幡神社 天沼八幡神社

 教会前から駅北口に出る道は教会通り(当時は弁天通り)と呼ばれ、暗渠となった用水堀のあたりには、太宰治や伊馬春部、また吉川英冶の「宮本武蔵」を名調子で朗読した徳川夢声が住んだ。井伏はこのあたりにあった銭湯「蔦の湯」に通っていた。通りをぬけ青梅街道に出ると荻窪駅前になる。

 青梅街道を阿佐ヶ谷方面に向かい、関根ビルの角を左折すると八幡通りだ。二百五十メートルほど歩くと、天沼八幡神社(天沼2丁目18)の鳥居が見えてくる。祭~は応神天皇と市杵島姫命。青木と教会を訪れた時に寄り、鳥居のわきにある弁天池のまわりを語らい歩き、青木が歌を詠んだことを井伏は「荻窪風土記」で回顧している。池はいまなくなってしまった。     

上林暁旧宅              上林曉旧宅

 上林曉(1902-1980)旧宅(天沼1丁目36)は、天沼八幡神社前の道を阿佐ヶ谷方面に10分ほど歩き左手に入ると三河屋酒店の近くひっそりとある。戦後、病妻ものといわれる「聖ヨハネ病院にて」を書き、昭和31年に宇野重吉監督によって映画化され「あやに愛しき」の題で上映された。昭和37年病に倒れ半身不随になった上林は口述筆記で「白い屋形船」を書き、昭和3916回読売文学賞を受賞した。天沼には詩人の三好達治が一時住んだこともある。

       トップページに戻る  杉並区地図に戻る