荻窪駅南界隈その2


成田東・西地域の地名の成り立ちについて、すこし述べてみよう。
                                 成田地区を流れる善福寺川

区内を流れる善福寺川JR中央線阿佐ヶ谷駅南口から中杉通りを南にすすみ、つきあたった青梅街道以南、南側は大宮八幡神社横から五日市街道柳窪交差点にのびる細い通りを境界として、東は松の木町、西は荻窪1丁目2丁目に接する地域である。地域内には五日市街道が走り、善福寺川が蛇行している。したがって、坂の多い町でいたるところ善福寺川への傾斜地となり、かつて川の近くは低湿地帶の広い田圃で、通称成宗田圃と呼ばれたという。成田東・西の名は昭和37年の住居表示にともなう地名変更で付されたもので、旧地名の成宗1丁目〜〜3丁目、東田町1丁目2丁目、西田町2丁目からなっている。旧東田町は、旧名田端町から東側を東田端町、西側を西田端町と呼びならわして、東田町、西田町となったもの。                                                          成田地区概略図成田地区概略図   

郷土史研究家の森泰樹「杉並風土記(以下風土記と記す)」ではこのいきさつを「成田東と成田西の町名が選定された理由は、明治十七年二月に開校した杉並第二小学校の旧名が、当時成田小学校と呼ばれ、成宗と田端両村の頭文字を取って、学校名にしたという歴史がありますので、この伝統を持つ学校名が引用されて、成田東、成田西と命名されたのです」と記している。

「風土記」によれば、旧名、成宗の由来について「成宗村の地名の起こりについて『昔、中野左衛門尉成宗、時宗、正宗という三人の兄弟が殿様の命令で、矢倉台の見張り役に派遣されてきて、見張り役を勤めながら食糧を自給するため、原野を開墾したのが村のはじまりで、兄の名を取って成宗村になった』という伝承が地元に残っています。」とあり、そのような地名が、消されてしまったことは、かえすがえすも残念でならない。同じ例に沓掛町、馬橋がある。

高円寺、阿佐ヶ谷、西荻窪に駅ができたのは大正11年だった。翌年に関東大震災が起き、それが契機となり市内から住民が移り住んできた。阿佐ヶ谷駅付近に住宅街や商店が出来て、発展してゆく。青梅街道にはその頃、市電も通り、利便でより閑静な南側の地域には貸家や下宿屋も多く出来て、サラリーマンが気楽に住める住宅地になった。荻窪に住む井伏鱒二を囲む若い文学者たちは阿佐ヶ谷周辺にあつまり、このあたりの借家をきままに転々しながら暮らしていた。

 村上護「阿佐ヶ谷文士村」にはこんな話が描かれている。

「春秋の彼岸のころは、引っ越しはいつしか武蔵野の一つの風物詩であったという。家を借りるのに、現在のような敷金礼金を要するような、うるさい契約は一つもなかった。家主はたいてい鷹揚であった。家賃をためて払えなければ、踏み倒して出るのである。それでも野ざらしの心配はなく、すぐに空家は見つかった。/これは小田嶽夫氏(このシリーズで後述)から聞いた話だが、氏は成宗にいた時は家賃を払わぬ方針を取っていたそうだ。いや金がないから払えない。そうなると家主の方がいやになって貸家を他の人に売り、次の家主がまた手ばなし、次々家主の方が変わっていったこともあったという。そんなわけで、小田氏は、成宗の家では、ついに家賃なしで住みとおしたわけである。」このあたりに住んだ文士の暮らしが分る。

                    杉並郵便さいかちの木のある区役所側からみた青梅街道局前の青梅街道

中杉通りの突き当る青梅街道のあたりにある、地下鉄・南阿佐ヶ谷口から新宿方面に歩き、杉並郵便局、杉並警察署と過ぎ、警察署前交差点先の「もんじゃ」の角を入ると、静かな住宅街になる。その先、7、80メートルほどの左手(成田東4丁目35付近)に、仏文学者で、井伏鱒二を中心とした阿佐ヶ谷会の仲間でもある翻訳家、淀野隆三(19001967)が昭和8年頃に住んだ。

 アンドレ・ジイドの「狭き門」や、マルセル・プルーストの長篇「失われた時を求めて」の一部「スワン家の方に」を佐藤正彰と共訳したことで知られる。淀野の翻訳で昭和10年に出版されたフィリップの短篇集「小さき町にて」は、名訳といわれ、岩波文庫にも収録されている(現在品切)。わずか34歳で夭折したフィリップが、死の前年にパリの新聞「ル・マタン」に連載したもの。作者の生まれ育った小さな田舎町の、貧しい庶民のさまざまな小さな出来事を、淡々と描き出し、しみじみとした感銘を与えてくれる。岩波文庫には、全28編と序「小さき町」が収録されている。そのひとつ「アリス」は、七歳の女の子が、母親の愛を独占したくて、学校にも行かずまつわりつくが、弟が生まれ自分への愛が失われるのではないかと赤ん坊に嫉妬して、食べることを拒否し死んでいく。「赤ちゃんが死なないなら、あたいが死ぬわ。」とアリスは叫ぶ。「彼女は七つで嫉妬で死んだ。」終りにはこう書かれている。

「人間失格」「ヴィヨンの妻」などで知られる太宰治(19091948)は「碧眼托鉢」の中で、淀野の翻訳文をほめている。

「淀野隆三、かれの訳したる、フィリップ短篇集「小さき町にて。」一冊を送ってくれた。私、先月、小説集は誰のものでも一切、読みたくなかった。─中略─今月、そろそろ、牧水全集のうちの、紀行文を読みはじめてゐた。フィリツプの「小さき町にて。」を恵与されたのは、そのころのことであった。読んでみようと思った。読了して、さらに再読しようと思った。淀野隆三の文章は、たしかに綺麗で、おつとりした気品さえ出てゐる。─以下略」

もんじゃの角をはいったあたり  「もんじゃ」の角を右折して進む成田東4丁目35のあたり

 大正14年、旧三高の出身者中谷孝雄、梶井基次郎、外村繁らが、同人誌「青空」をはじめ、淀野も加わる。次の年には詩人の北川冬彦も加わった。詩人の三好達治(19001964)も参加。作品を次々と発表する。なかでも「乳母車」は詩人百田宗冶の激賞をうけた。梶井は「青空」に代表作とされる「檸檬」を発表する。

 淀野と三好の親しい交わりはそうしてはじまり、終生つづいた。

 三好の第一詩集「測量船」から代表作のひとつ「甃(いし)のうへ」を掲げる。

  あはれ花びらながれ/をみなごに花びらながれをみなごしめやかに語らひあゆみ
  うららかの跫音(あしおと)空にながれ/をりふしに瞳(ひとみ)をあげて/翳(かげ)りなきみ寺の春をすぎゆくなり
  み寺の甍(いらか)みどりにうるほひ/廂(ひさし)々に/風鐸(ふうたく)のすがたしづかなれば/ひとりなる
  わが身の影をあゆまする甃のうへ

  漂泊の詩人といわれる三好は、阿佐ヶ谷近辺の文学者仲間を泊まり歩いた。胸部疾患や心臓神経症があり、騒ぎを起こしたり入院したりして周囲に面倒をかけた。養生のため温泉に長逗留をしたりし、気ままに生きて詩を書いた。生活のためにフアーブルの「昆虫記」など翻訳の仕事に追われ、身体をこわしたりして、すべて人頼みの生活だった。淀野はいつもその後始末に追われたが、献身的に面倒をみつづけた。

近くの天桂寺門前の寺碑                淀野宅先の天桂寺門前の寺碑

 三好達治を支える淀野隆三の姿を、「青空」同人、中谷孝雄(1901〜1995)が昭和43年に発表した「招魂の賦」に詳しく描いている。

 『青空』以来の盟友だった淀野隆三の死を軸に、三好達治、亀井勝一郎、外村繁の思い出に及んでいる(同書解説・加藤弘一)」作品で、三好との関係を生きいきと描いているので、すこし長くなるが記す。

 「…三好は瓢然と淀野の家に現われて、十日も二十日も、永い時にはひと月の余も泊り込んで、酒を飲み、わがまま一杯に振舞っていた。淀野は三好の詩才を尊敬して兄事していたからそれでもよかったかもしれないが、さすがに彼の細君(先妻)は我慢がならないこともあったようだ。京都女である彼女には、どこかシンの太いところもあったらしく、時には三好に対してずけずけと、

 「うちは三好さんの家内でも女中でもおへんえ。そうそう三好さんのお云いやす通りにはでけまへん。それが気に入らんようなら、いつでもさっさと出てっておやくれやす」と、それでも笑いながら抗議していたこともあった。

 三好が最も永く淀野の家に泊まり込んでいたのは、結婚のために静養先の信州発哺(ほっぽ)温泉から上京した時のことであった。その時は一ヶ月半ばかりも淀野の家に泊まり込んで、結婚式や披露宴に要する費用の調達に奔走していたが、当時の三好の力にはそれも及ばす、結局は淀野がすべてその費用を背負い込まねばならなかった。」

 中谷もまた、三好にふりまわされた口である。病院を出されて行く所のない三好を引き取るにあたり、手狭な高円寺の借家から阿佐ヶ谷の借家にわざわざ引っ越しをした。

 三好の結婚式は昭和91月淀野邸で行なわれた。「彼は借り着のモーニングを着てさすがに堅くなっていたという」(村上護「阿佐ヶ谷文士村」)

淀野隆三宅近くの海雲寺引っ越した淀野邸近くの海雲寺

 全集年譜によれば、神田北京亭で岸田国士の媒酌により披露宴があったとある。

 淀野はまもなくちょっと先、海雲寺近くの二階家(成田東423付近)に移った。

 淀野は早世した親友の梶井基次郎(19011932)の全集刊行についても力をそそいだ。梶井と生前かわされた書簡は実に84通に及んでいる。伊豆や各地に療養をつづけた梶井は、昭和732歳で永眠した。

 「招魂の賦」からふたたび引用。

 「しかしなんといっても淀野の功績の最大のものは、梶井全集の編纂であった、と私は思う。若くして死んだ梶井は、世間的にはまだそれ程の存在ではなく、従って彼の書き残した作品も悪くすれば彼の死と共に散佚してしまう危険がなくもなかった。殊に未発表の遺稿などに於いてそうであった。その梶井の書き残したものを断簡零墨の末に至るまで蒐集して、今日見るごとき立派な『梶井基次郎全集』にまで仕上げたのは殆んど全く淀野ひとりの功績であった。淀野は若い頃、俳人去来に傾倒するところが浅くなかったが、あたかも梶井と彼との関係には、芭蕉と去来との関係に近いものがあったといえば、比喩が少し大げさに過ぎるだろうか。」

 淀野は、昭和11年、家業を継ぐため京都へ帰るが、立ち行かなくなり戦後、上京して出版業に入り、明大教授をつとめた。                           

    トップページに戻る 杉並区地図に戻る 成田東・西界隈その2へ(予定)